南区学習塾 横浜修学館 公立中高一貫校受験の思い出8

2020/04/02 ブログ
logo

●南区学習塾 横浜修学館

 公立中高一貫校受験の思い出8●

 

  2018年のクラスのことはとてもよく覚えています。合格発表の日の受けたあのショックは忘れられません。この年も女の子ばかり5人のクラスでした。元気のいい子が二人いてクラスの中はいつもとても賑やかでした。その中でおとなしくてよく勉強をする仲のいい二人がいました。塾内の模擬テストでもいい点数をとっていましたし、二人とも合格できるだろうと思っていました。

  試験が終わった後、毎年生徒さんには問題を持って塾に来てもらっています。先生が問題を解いて模範解答を作り大体の点数を出すためです。その二人の採点をしてみると前年の合格点をかなり上回っていて、二人はほっとしたように笑顔を見せました。

  ところが、合格発表を知らせにやってきたのは二人のうちの一人だけでした。点数を多く採っていた子が来なかったのです。僕が驚いて尋ねると、「一緒に見に行ったんだけど受かってなくてショックで帰った」と言うのです。僕は理由がわかりませんでした。あんなに点を取っていてダメなんて考えられません。でも、少したって、試験が終わってその子がやって来たときのことを思い返しました。「面接があまりうまくいかなかった」と言っていたのです。うちの塾ではゼミといって特別に面接の練習をする講座があるのですが、その子はゼミを受けていなくて面接の準備が足りていなかったのです。

  その日を含め、その落ちてしまった子は塾へは一度も現れていません。その子のショックが今では薄れていることを願うばかりです。